[福祉用具 つるとかめ]
地域密着・スピード対応!これまで暮らしてきた自宅で安心安全に在宅生活を。

今回は、河内長野市役所前にある、福祉用具と介護用品の販売・レンタルのお店 【福祉用具つるとかめさんへ行ってきました! つるかめ

代表の和田さんのお母様が、ご自身の介護経験をもとにはじめられたお店ですが、4年前にお母さまより代表を引継ぎ、地域密着で福祉用具に対するいろいろな提案やアドバイスをされています(^^)相談内容により、バリアフリー工事もしています。 店内にはたくさんの福祉・介護用品が並んでいます。

ひとつひとつ、丁寧に和田さんが説明してくださいました!

IMG_20170607_101003 IMG_20170607_101643

入ってすぐ左側に置かれているのが、歩行を補助する福祉用具です。杖や、シルバーカーなど様々なタイプがあります。杖は、健康目的に使用するものから高齢者の歩行時の転倒防止に役立つ4点杖など種類が豊富です。

IMG_20170607_101821

シルバーカーも疲れたときに休憩するための座面がついていたり、買い物カゴをそのまま置けてお買い物ができるもの、底部分の収納に保冷バッグがついているものなど、それぞれの特徴などもわかりやすく丁寧に説明してくださいました(^^)

IMG_20170607_101344

 

右側には、介護用品で一番皆さんが購入されるという、シューズ類がたくさん置かれていましたよ!筋力の低下により、膝や腰に負担がかかるようになると、外反母趾になったりつまずきやすくなったりすることが多いそうです。そのため、軽くて足幅の広い5E~7Eのシューズを取り揃えているそうです(^^)

 

IMG_20170607_101358 IMG_20170607_101802

その他、介護用の電動ベッドや、普通の椅子にしか見えないポータブルトイレ、お風呂介助用の椅子などたくさんの用品がありました。そのひとつひとつをどういった場合に使用するのか、どんな人に合うのかなどわかりやすく、丁寧に説明してくださいました。   基本的に、日常生活の自立を助け、機能訓練のときに用いるのが福祉用具だそうで、親や、近親者、同居家族に介護が必要な人がいて、そばで見守る立場になった時に、はじめてわかることだらけだそうです。 それは当たり前のことで、お店にくるお客さんのほとんどが、その立場や状況になってからこられるそうですよ。

【福祉用具つるとかめ】さんは、そんな方にも、安心。

必要な時に、必要なものを、必要な方に

お客様の急な都合に合わせ、地域密着・スピード対応!! これまで暮らしてきた自宅で安心・安全に在宅生活を送れるように提案やアドバイスをしてくださいますよ(^^) 困ったことがあれば、ぜひ相談してみてください!     お店なびかわちながの店舗様ページはこちらから

http://omisenavi.kawachi-nagano.info/540033/

LINEで送る